So-net無料ブログ作成
検索選択

やきかつ太郎 [大盛り]

090727やきかつ太郎【ジャンボやきかつ定食】1.JPG
 仙台【石橋屋】さんを後にしたオラッチ達がお次に向った先は福島県・いわき市です。
 エッ、いわき市に何の用があるのかって?もちろんお昼ご飯を食べるためですよ!!

 そんなワケで、以前より訪れてみたかった【やきかつ太郎】さんを訪れる事に・・・
CIMG3352.JPG
 午後1時まえに到着してみると、お店前の駐車場には空きはなく第二駐車場も半分以上を埋める盛況ぶり!
 いざ、店内に入ってみると大小12卓ほどあり、その1/3が運良く空いていて我々は広いテーブル席に腰を落ち着ける事が出来ましたyo。

 定食類のメニュー表も見易く、訪問目的である『ジャンボやきかつ定食¥1,200』も無事に発見!!
 妻も『やきかつ(上)定食¥650』に決定し、無事に注文を済ませ、待つ事30分ほどの後にオラッチたちのテーブル席に運ばれてきた、妻がご注文をした『やきかつ(上)定食』はコチラ↓
CIMG3335.JPG
 『やきかつ(上)』のUPも↓
CIMG3337.JPG
 『やきかつ(上)』はこんなにも厚いんです。

 続いて、5分後に運ばれてきたオラッチご注文の『ジャンボやきかつ定食』はコチラ↓
CIMG3342.JPG
 左斜めより↓
CIMG3344.JPG
 さらに、UPでも↓
CIMG3346.JPG
 (大きさや厚みの比較対象
 人生お初の『やきかつ』は、サックリとしていて細目パン粉の香りが口いっぱいに広がる美味!!

 付け合せもパイン・トマト・グレープフルーツに、某店の『焼肉重スペシャル』を思い出させるほどの大量のキャベツ!!
 ご飯の量も1合少々は盛られており、全体的にかなりのボリュームでしたwa!!

 次回訪れる際は、ご飯のお替りもしちゃいましょうかne!!

やきかつ太郎
住所:福島県いわき市郷ヶ丘1-15-8
電話:0246-29-0770
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:木曜日
駐車場:第一・二駐車場あり            
タグ:大盛り
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

瑞鳳殿&仙台駄菓子 石橋屋 [旅行]

 楽しい旅も、今日が最終日!!
 今日のご予定は妻:みぃ~タンの要望により、仙台藩祖 伊達政宗公霊屋である【瑞鳳殿】を訪れる事にした。

 【瑞鳳殿】は仙台駅より南西に数キロの場所にあり、バスなどの便もそこそこ良さそうな所だ。

 さてさて、市営の無料駐車場に車を停め急な坂道を登った先に見えてくるのは青々とした木々に囲まれた石畳の階段。
CIMG3308.JPG
 この石畳を撮影した傍には七月下旬としては珍しく、ちょうど満開の紫陽花が・・・
CIMG3305.JPG
 
 石畳を上りきった先の管理事務所にて大人¥550×2の料金を払って、いざ政宗公の眠る霊屋へ・・・
 【涅槃門(ねはんもん)】と【瑞鳳殿門】↓
CIMG3310.JPG
 【瑞鳳殿門】からの【瑞鳳殿】↓
CIMG3313.JPG
 そして、コチラが政宗公の霊屋である【瑞鳳殿】↓
CIMG3317.JPG

 二代目藩主・忠宗公の眠る【感仙殿門】と【感仙殿】↓
CIMG3318.JPG
 そして、【感仙殿】↓
CIMG3320.JPG

 【感仙殿】のお隣にあるのが、三代目藩主・綱宗公の霊屋【善応殿】↓
CIMG3321.JPG

 帰り際の、参道と杉木立↓
CIMG3324.JPG
 歴史と緑を十分に満喫!妻も大喜びでしたwa!!

 続いて、向ったのは【仙台駄菓子 石橋屋】さん!コチラのお店はなんと明治18年に創業され、平成14年に『仙台景観重要建造物指定建物』に指定されたらしいです。
CIMG3325.JPG
 妻が選んだ、自宅用のお土産はコチラ↓
CIMG3356.JPG
 旅行最終日に妻が大満足をしてくれて、良かったwa!!

仙台駄菓子 石橋屋
宮城県仙台市若林区舟丁63
電話:022-222-5415 
営業時間: 9:00~19:00
定休日:年中無休 
駐車場:お店前に1台分あり
タグ:旅行
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

白松がモナカ本舗 中央店&老舗 牛たんの店 佐利 [グルメ]

090726_174422.jpg
 松島を後にしたオラッチたちは、仙台市内繁華街のビジホへチェック・イン!シャワーを浴び、お召替えをすませて、いざ仙台土産を・・・

 名古屋ビジネスマン上京の際に【坂角】さんの『ゆかりせんべい』を購入する?のと同じように、仙台ビジネスマンが購入する?とも云われている【白松がモナカ本舗】さんの『最中』を購入すべく、【白松がモナカ本舗 中央店】さんを目指したのne!!
090726_171742.jpg
 妻が同僚さん達へのお土産を購入している時に、こんなものを発見!もちろん、短冊にお願い事をしてみましたyo。

 その後、アーケード街を散策した後にビジホ近くの『仙台名物 牛タン』のお店へ!
090726_173632.jpg
 妻と夕食がてらに、ブラッと入店してみましたyo。

 メニュー表を覗と、やはり『牛タン』をメインにしたメニューのラインナップ!
 定食物も気になるところではありますが、日の暮れ具合からも[ビール]が優先に・・・
 したがって、ご注文したのは『生ビール×2¥525』、『単品・牛たん焼(塩)¥1,470』、『たんチャーシュー¥800』、『仙台笹かま¥400』!
 
 まずは、『生ビール&牛たんチャーシュー』から↓
090726_174003.jpg
 『牛たんチャーシュー』のUPも↓
090726_174044.jpg
続いては、『仙台笹かま』はコチラ↓
090726_174312.jpg
 〆の画像は『単品・牛たん焼(塩)』↓
090726_174422.jpg
 【佐利】さんの牛たんはクセがなく、始めて食べた妻は大感激!
 (あっ、こんな旨い物を食べさせてしまったばっかりに、数ヵ月後に「また、仙台の牛たんが食べたい!」なんて、云われて数百キロの道のりを走らされるのかぁ~?)

 コチラの、牛たんはもしかしてビールで頂くよりも赤ワインで頂いた方がむしろ合ったりして・・・!? (ようするに、お肉としてはかなりのグゥ~なのね!)

 次回訪れる事がある時は、昼時に訪れて『定食物』の大盛りでも頂いてみますかne!?

白松がモナカ本舗 中央店
住所:宮城県仙台市青葉区中央2-1-26
電話:022-222-4847
営業時間:9:00~19:00
定休日:
駐車場:ないよ

老舗 牛たんの店 佐利
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-3-3
電話:022-224-5530
営業時間:11:30~23:00
定休日:
駐車場:ないよ
タグ:グルメ
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お魚プロジェクト [ランチ]

3034714
 松島クルージングを終えたbo-takaさんたちは、周辺散策を再度続行!!

 気付けば、ちょうどお昼時!どちらのお店でも、年齢の高そうなお姉さん達がお店まえで集客合戦を繰り広げる中、やはりbo-takaさんは、若いお姉さん(二十代)が呼び込みをされているお店をチョイスいたしましたyo。

 そのお店は、コチラの【お魚プロジェクト】さんなのne!!
090726_123957.jpg
 実は、bo-takaさんはお店前の可愛いお姉さんに惹かれたのではなく、看板に記されていたリーズナブルなお値段!

 同地域の他店では海鮮系丼は最低でも千円台後半から始まるが、【お魚プロジェクト】さんでは千円台前半からなのyo。

 そんなワケで、今日のランチは【お魚プロジェクト】さんにお世話になる事に・・・

 今回のお食事も、妻と二人お揃いで『三色丼¥1580(オラッチは+大盛り¥100)』に
決定!!(メニュー表

 ご注文後、7~8分後にオラッチたちのテーブルに運ばれてきた『三色丼¥1,580+大
盛り¥100』はコチラ↓
090726_122613.jpg
 『三色丼』並盛りと大盛りの比較はコチラ↓
090726_122536.jpg
 大盛りのUPも↓
090726_122659.jpg
 マグロの切り身は下にひかれた刻み海苔が透けて見えるほどの薄さで、ある意味料理人の技とも言えよう・・・!? しかし、二人とも一番美味かった具材を挙げてみれば、薄いながらも答えはマグロであった。

 全体的に水っぽさもなく、可もなく不可もなくと言ったところでしょうかne!
 コチラのお店であれば豪華な丼物を頼んでもハズレが無さそうなので、次回訪れることがあれば大奮発をして『伊達丼¥3,150+大盛り¥100』をご注文したいものですna! 

お魚プロジェクト
住所:宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂13-32
電話:022-353-3166
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
駐車場:提携CPあり
HP:http://osakana-pro.co.jp/index.html
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三大景勝地 松島 [旅行]

 一泊出張、そして今回の南東北旅行と続き、連日睡眠時間が僅か3~4時間程度であったオラッチ。
 
 今朝の、ビジホでのお目覚めは6時間という長時間の睡眠をへて快調そのもの、ココ最近でこんなに遠出をしたにもかかわらず、実にお目覚めが快適!!

 さて、朝の8時過ぎでしょうかね?今回の南東北旅行の最大の目的である松島観光のため、さっそく出発したのne!

 道路も順調に流れており、ビジホより1時間少々で『五大堂』近くのCPに駐車完了!

 まずは、観光船のりば付近を散策開始!!

 最初は、『瑞巌寺・五大堂』↓
CIMG3232.JPG
 『五大堂と松島の島々』↓
CIMG3234.JPG
 遊覧船で、カモメさんと急接近↓
CIMG3253.JPG
 オォ~、妻:みぃ~タンのお手々から『かっぱえびせん』を奪っていく様子は↓
CIMG3254.JPG
 いろいろ、例えられる『仁王島』↓
CIMG3269.JPG
 牡蠣棚も↓
CIMG3288.JPG
 そして、50分後に再び『五大堂』近くの桟橋へと・・・↓
CIMG3290.JPG
 天気にも恵まれ、妻が大興奮でカモメの餌やりをしたり、松尾芭蕉が絶景と謳った景観を妻に見せてられ、最高の旅行となりましたwa[手(チョキ)]
 
 南東北の旅は、まだまだ続くよ[exclamation×2]
タグ:旅行
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

こちら㊕ 漁業部 山形店 [グルメ]

 上山温泉の足湯に浸かり、【山形観光物産館】にてお土産を購入して『玉こんにゃく¥100』を食べ、天童市街をほっつき歩いたbo-takaさん達は、今宵のお宿のある山形市内へと戻り、とっととビジホへチェック・イン。

 ビジホで一休みをすれば日も傾きはじめ、夕食がてらの[ビール]を求めて市内散策へ!
 するとどうでしょう、お宿であるビジホの裏側にコチラのお店を発見!!
090725_180144.jpg
 
 店舗前の期間限定本日のおすすめを見てみれば、そこそこお安め!?
 そんじゃ~、このお店でヨカッペと思いコチラの【こちら㊕ 漁業部 山形店】さんに入店して
みましたyo。 (グランドメニュー

 まずは、「お酒が盗まれるようになくなっていく」とも云われる『酒盗¥490』↓
090725_181150.jpg
 お次は、期間限定の『ホッキ貝・つぶ貝・アワビのセット¥980』↓
SBCA0023.JPG
 程よい脂身の乗ったアツアツの『きんきの煮付け¥890』はコチラ↓
SBCA0017.JPG
 そして、bo-takaさんが大好きな中国産?と思われる『うなぎの蒲焼¥380』↓
SBCA0014.JPG
 bo-takaさん的には、『鰻』といえば厚焼玉子が付き物?
 なので、『お寿司屋さんの厚焼玉子¥490』はコチラ↓
SBCA0021.JPG
 最後の〆は『巻き寿司セット¥690』↓
SBCA0019.JPG
 チェーン店舗である【こち特】さん、魚介の鮮度にも関心させられるが、『きんきの煮付け』や『厚焼き玉子』はオーダーを受けてから煮焼きをしているのでは・・・!?と、思わせる節々がありとても良い感じ!!

 店長さん曰く、近々東京・新宿に新店舗をオープンされるとの事、コチラの新店舗にも期待が膨らみます。
 是非、訪れてみたいものですね!?

浜の漁師居酒屋 こちら㊕漁業部 山形店
住所:山形県山形市七日町2-7-43 七日町パーキングプラザ1F
TEL:023-626-0161
営業時間:日~木 17:00~26:00
       金・土17:00~28:00
定休日:年中無休
駐車場:ないようです
HP:http://www.0109g.com/marutoku/tenpo.html 
タグ:グルメ
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上山温泉 上山城ふれあい足湯  [旅行]

 【一忠食堂】さんを後にしたオラッチ達が次に訪れたのは、上山温泉にある上山城の『ふ
れあい足湯[いい気分(温泉)]』なのne!!
090725_121417.jpg
 コチラの足湯は高台にあり、晴れていれば足湯に浸かりながらこんな景色が見られるん
ですyo[目]
090725_121457.jpg
 それから、上山城だってこんな感じに見れるのne[exclamation]
090725_121612.jpg
 お近くまで行かれた際は、是非是非お立ち寄りを・・・[exclamation×2]
タグ:旅行
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

御食事処 一忠食堂 [大盛り]

3028113
 今回は、 25~27日までお休みなオラッチ!そんなワケで、またまた山形県まで妻:みぃ~タンと遊びに来ちゃいました!!

 前回、山形県を訪れた際に訪問する事が出来なかった【一忠食堂】さんに思いを馳せる
こと、一ヶ月チョイ!
 今回は、その無念を晴らすべく早朝より摂生に努め、念願の【一忠食堂】さんを訪れてみ
ましたyo。(入口にはこんな看板も)
CIMG3227.JPG
 コチラの【一忠食堂】さんでは、事前のリサーチによると厨房カウンター上のお品書きには
デカ盛りシリーズなるものがあるらしく、『げそ天盛そば』では最大5玉・『らーめん』では(温5玉)(冷3玉)にまで出来るらしとか・・・!?

 実際に訪れてみれば、デカ盛りシリーズメニューに限り各卓上にそのメニュー表が置か
れておりましたyo。
 デカ盛りシリーズのメニュー表には長々と注意をうながす表記も・・・!?
 (厨房カウンター上に貼られたお品書きのメニュー

 今回、オラッチは入店前に決めていた『げそ天盛そばメガダイナマイト(5玉)¥1,050』
か『つったえ中華3L円850』にしようか悩むも、後の日程も考えて『つったえ中華2L』をご
注文!!妻:みぃ~タンは『つったえ中華並』をチョイスいたしましたyo。
 (今回、bo-takaさんは体調を考えてのご注文をしました。フラッグシップをチャレンジし
なくて申し訳けないッス[もうやだ~(悲しい顔)]

 開店と同時に入店したので、先客もおらずご注文後10分ほどでオラッチ達のテーブル席に運ばれてきたみぃ~タンご注文の『つったえ中華並』とオラッチご注文の『つったえ中華2L』はコチラ↓
CIMG3214.JPG
 『つったえ中華』の2Lと並の比較対照はコチラ↓
CIMG3215.JPG
 『つったえ中華2L』のUPも↓
CIMG3219.JPG
 麺1玉あたりが他店の1.2~1.3倍くらいはあり、今日のbo-takaさん的には『2L』で十分でしたが、事前に体調管理をしないと『4L』はチョッと苦しいかもしれませんne!?(まぁ~、移動距離が400km以上もあるので体調管理もへったくりないので、4Lは大御所にお任せしましょうかね・・・!?笑)

 お味のほうは、魚介系も入っていると思われるダシの効いた冷たいスープは、麺との相性もヨロシイようでツルツル・ジュバジュバと一気に食べきってしまいましたwa[exclamation]
 
 次回訪れる機会があれば、『つったえ中華3L』をご注文してみますかne[exclamation&question]
 (次回、山形訪問の際はコチラのお店も訪れてみたいけど!?)

御食事処 一忠食堂
住所:山形県山形市江俣4ー17-23
電話:023-684-6637
営業時間:11:10~14:25 17:00~20:05
定休日:毎月第2火曜日(祭日の際は水曜日)
駐車場:店舗前に4台
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェレスト・ペリカン 駒ヶ根店 5 [大盛り]

3021855
 今宵は、一泊のご出張のため長野県・駒ヶ根市に宿をとる事にしたbo-takaさん。

 明日の生気を復活させるべく早めの就寝を考えて、お宿近くのお食事処である【カフェレスト・ペリカン 駒ヶ根店】さんに今宵もお世話になりましたyo。
090723_195708.jpg
 まずは、生ビールで一人乾杯ように頼んだお品は『イカゲソの唐揚げ¥450』なのne。(メニュー表
090723_192309.jpg

 続いては生ビールを飲干した後に、ご注文の『チキンカツカレー¥950+大盛り¥300』↓
090723_194438.jpg
 そして、恒例のUPも↓
090723_194517.jpg
 (店内の明かりに負けてしまい、画像が黄色っぽくなってしまったのは残念です)

 チキンカツは薄めながら、サックリと揚がっておりgood!!
 ご飯の量も、二合程度と【ペリカン】さんにしてはやや控えめな感じもするが、今夜の胃袋の調子からする丁度よい程度かも・・・!?

 今宵も満足・満腹で、とぉ~ってもgoodなディナーでしたwai[手(チョキ)]
 (キャベツの千切りも乗っていないのに、福神漬の手前にマヨネーズが添えられていたのにはどんな意味があるのでしょうか・・・?)

カフェレスト・ペリカン 駒ヶ根店 
住所:長野県駒ヶ根市赤穂4065-1 
電話:0265-83-2562
定休日: 水曜日
営業時間 11:00~翌0:30
駐車場:あり  
 
タグ:大盛り
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

板そば 喜右衛門 [大盛り]

3011864
 小坪漁港の【ゆうき食堂】さんを後にしたオラッチ達は、古都・鎌倉江ノ島沿いの海辺の景色を、色気も無いヤロー4人でハッチャケながらの快適なドライブ[車(RV)]
 
途中、R134号線でヤシの木ロードを快調に走れば、洗車したばかりのmyボォクシーちゃんに鳥爆弾を投下され、その始末のため一旦コンビにで休憩を挟む始末。
 (こんな、エピソード続きがプチオフの楽しみかも知れまへん・・!?)

 さてさて、ヤロー4人組が次なる目的地として向ったのは、神奈川県厚木市にある【板そば・喜右衛門】さんであります。
CIMG3152.JPG
 コチラの【板そば・喜右衛門】さんは以前に、芸人魂さん達と訪れてみるも、店先には「臨時休業」なるお札が・・・!?
 (これぞ、正しく「有り難いお札」だったりして!?結局、その後はパフェを食べに行ったけど!!)

 そんなワケで、まだ見ぬ【喜右衛門】さんの『板そばと大きな親子丼¥3,000』を食べるべくして、オラッチ達一行は店内へと流れ込んだのne。

 そして、ご注文よりもメニュー表のお写真撮影に夢中になり過ぎながらも、4名で『板そばと大きな親子丼¥3,000+板そば¥850+もりつゆ¥200』をご注文してみましたyo。
 (主なメニュー


 ご注文後、5~6分の後にオラッチ達のテーブル席に運ばれてきた『板そば』さんのUPはコチラ↓
CIMG3139.JPG
 その後、続いて運ばれてきた『大きな親子丼』さんはコチラ↓
CIMG3150.JPG
 順番がチョット違うけど、全体のお写真はコチラ↓
CIMG3147.JPG
 食べ始めてみれば、4人の言葉が「ん~」で統一されてましたwa!!
 (こんな時だけ、4人に統一感があるのはふ・し・ぎ!?)

 お蕎麦は、蕎麦殻の一部を引き合わせた感じの更科系でり、風味豊かでソバ汁もしっかりとした鰹ダシが効いており美味!!
 (bo-takaさん、蕎麦通ではありませんので表現が品祖ですが、ご勘弁を・・・)

 親子丼はというと、4人で分けるに等しい量でそれぞれお茶碗一杯分ってところでしょう
かne!?(実際、濃い目の汁ダク系で美味しかったですyo)

 全体的に、濃い目のお味ではあるがbo-takaさん的には丁度良いお味だったようで、
再び訪れてみたいお店の一軒かもしれませんne!!

 次回は、お小遣いを貯めて一人で『板そばと大きな親子丼』をご注文してみますか!?
 (たぶん、一人で完食出来そうな気がします・・・)

板そば 喜右衛門
住所:神奈川県厚木市松枝1-4-5
電話:046-225-1219
営業時間:11:00~15:30 17:00~22:00
       土日祝 11:00~22:00
定休日:木曜日
駐車場:あるよ(第二駐車場もあるよ)
nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。